トップページ 無料ご相談・資料請求 来館予約・見学申込 ページのトップへ戻る

家づくり

家づくりのこだわり

魚沼の家

県産材を生かした100年住宅

木造在来工軸組工法ならではの美しい架構を見せる。それが「魚沼の家」の基本です。「素材」、「デザイン」、「工法」のそれぞれに独自の特長、こだわりをもたせ、”住む人が誇れる住まい”造りを実践しています。


素材へのこだわり

越後杉のしっかりした柱を使用しています。

家は地域の風土・気候に合った木材で作るのが一番です。柱は越後杉の4寸柱(120mm)を使用していますので耐久性もあり、なによりも「越後杉ブランド材」です。魚沼の家では越後杉ブランド認証材を80%以上使用しています。越後杉ブランドとは新潟県が定めた含水率等の条件をクリアした、品質・性能が明確な「県産スギ材製品」で「越後杉ブランド認証員」または「認証工場」が実証する検査において合格した優良な住宅建材(製材・集成材・合板)をいいます。


健康的な素材、珪藻土が基本です。

健康的な素材珪藻土が基本です石膏ボードを下地とする高性能な「珪藻土」を標準採用しました。他にも天井や壁に「和紙」をお選び頂く事ができます。

どちらもビニールクロスなどと比較して有害な物質を含まず、調湿作用に優れています。


塩ビシート貼りの建具・造作材は一切使用していません。

既製品の建具・造作物は、塩ビシート貼りのものが多く使われています。魚沼の家は杉、松などの無垢材を使用し、職人が丹精込めた「手造り」です。


構造下地としての合板以外は、その使用を極力控えています。

高床3階は普通の2階建に比べて地震の際に地盤が揺れる力(地震力)を大きく受けます。安全性の観点から床には28mmの合板を使用しています。そういった下地以外には、接着剤を多量に使用する合板の使用は控えさせて頂いています。


大らかさを持った空間美

家族構成やライフスタイルが変化しても柔軟に対応できるよう、間取りやつながりを設計します。それこそがフラワーホームのスタイルです。

玄関

家の顔となる玄関。だからこそ家族の個性を演出したいところです。奥行きを感じさせる工夫や、季節を設える工夫。また、「三和土土間」を取り入れる等、単なる広い玄関ではなく外へとつながる利用できる場所として提案致します。


リビング&ダイニング

家族が自然に集う場所、リビング。あえて広い間取りはしません。コーナーやヌックを設けて居場所をつくる。上下階の繋がりを取り入れること。大きなテーブルを拠りどころとして家族の会話が生まれる場所でもあり、家族の中心となる場所です。家具と合わせて楽しい空間にする事が重要です。


多目的空間

暮らしに幅を持たせるための多目的スペースは、第2のリビングでもあります。書斎として、子供の遊び場として、勉強や図書室として、様々に変化して暮らしに楽しさを与えます。


和室

趣味の茶道を楽しむも良し、客人を迎えるも良し。勿論ちょっとゴロンと横になりたい時にも。設えと共に遊び心を入れても良い空間となるでしょう。


こだわりの工法

自然素材・・・木/土/紙

真壁工法(柱が表し)、柱は4寸(120mm)の太さ。木を表しにする事で木が呼吸し、自然に室内を調湿してくれています。床には無垢の杉、壁には漆喰・珪藻土・和紙を使用し、自然素材の味わいと暖かさを感じさせます。自然素材は人に優しいだけでなく、地球にも優しい素材です。


床構造

魚沼の家は、合板(28mm)を使用した剛床使用です。仕上げは杉の無垢材で素足が心地よい床です。また耐久性にとても優れています。

断熱と遮音性能

フォームライトSLを壁・天井または屋根に使用しています。
フォームライトSLの中身は99%が空気。ほぼ空気で断熱しているので断熱材としての劣化も少なく、長期にわたって高い断熱性を保ちます。また、複雑な構造躯体に吹き付けられると瞬時に反応し、数秒で100倍に発泡・密着することで隙間をピッタリと塞ぎます。

さらに、温度変化等による木材の収縮にも柔軟に対応するので、グラスウールなど、カットしてはめこむだけの断熱材と違い、わずかな隙間も逃しません。高い断熱性と気密性に優れるので、暖房の効きが良く、電源をオフにした後の急激な温度変化を抑え、冷暖房費も軽減します。

基礎パッキン工法

床下換気口による換気は、基礎のコーナー部分に空気の淀みが発生します。基礎と土台の間に基礎パッキンを挟む工法は、建物全周から更に内部の基礎の上部でも空気が流れ効果的です。換気口のある基礎と比べて1.5~2倍の換気効率がアップし、土台・床下結露の防止に効果を発揮します。

通気工法

湿気・結露を防止し構造体の耐久性を高めます。住まいの敵である結露による木の腐食を防ぎ、住まいの健康を保ちます。土台と外壁との間、軒先から空気が入り軒の部分から出ていきます。屋外と屋内の境には透湿・防水シートが貼られ、屋外からの雨・風の進入を防ぎます。

ベタ基礎

基礎のベース部分の地面と接する面積が広いため、建物自体の荷重を均等に地面へ伝えます。不動沈下の少ない基礎の形です。




資料請求はこちら

モデルハウス紹介

イベント情報