トップページ 無料ご相談・資料請求 来館予約・見学申込 ページのトップへ戻る

賃貸物件情報

上手なお部屋探しのポイント

「新しい生活に向けて一人暮らし!」、「結婚したし二人で住みたい!」、そんな皆様にお部屋探しのポイントをご紹介します。「初めての一人暮らし、どうすればいいの?」、「引越したいけど何が必要だったかな・・・?」。準備もせず行き当たりばったりで行動すると、いろんなところで問題が出てきてしまいます。スムーズに新生活を送るためにもここで情報をゲット!
新生活をお考えの皆様に役立つ情報を集めましたので参考にして下さい。


POINT.1 お部屋探しのタイミング

いつ探すか、いつから探すかは気になるポイントです。1年のうちではいつがいいのか、引越し予定日のどのくらい前から探せばいいのかなど、ベストなタイミングをチェックしておきましょう。


季節によって物件数や条件に差

部屋を探す人、物件がともに多いのが年初から3月までになっています。入学、入社や転勤などで人が動く新年度を前に、年明け早々から部屋探しのシーズンが始まります。中でも3月は引っ越す人が多いため、この時期に向けて新築される物件と合わせると、1~3月は競争も激しいですが、物件数・選択肢も豊富な時期といえます。
4月に入ると今度はゴールデンウィークを利用して引っ越したいという人が探し始めます。
3月に決まらなかった物件が残っている時期でもあり、物件数もそこそこ、意外にお得な物件が探せることもあります。
次に不動産会社が賑わうのは6月。この時期は秋に結婚予定のカップルが、そろそろ新居を探し始める時期。秋の新築情報なども出始めます。
金銭的、条件的な面で狙い目と言えるのが7月~8月。夏の暑い時期に部屋探しや引越しを避ける人が多いせいか不動産会社は比較的空いています。探す人が少ない時期ですから、この時期に空いている部屋なら家賃などの交渉に応じてもらいやすいことも。ただし、物件数はそれほど多くはありません。
9月、10月は年初に次いで、人事異動、結婚などで部屋を求める方が増える時期です。また12月は来春の新築物件を借りたい人などが動き出します。

引越し予定日の1~2ヶ月前からの準備がベスト

引越し予定日が決まっている場合には、あまり早くに新しい部屋の契約をしてしまうと、今の部屋、新しい部屋、2軒分の家賃の支払いが必要になります。
よって、できるだけ引越予定日に近い時期に次の部屋に引越しできるようスケジュールしたいものです。
不動産会社訪問から物件を決めるまでにかかる時間は、1~2週間ほどが平均的なところ。物件を決めて契約するまでが、やはり1~2週間ほどですから、順調にいけば1ヶ月ほどで新しい部屋が決まることになります。ただし希望する物件がなかなか見つからなかったり、引越しなどの手配に時間がかかることなども考えると、探し始めるのは引越し予定日の1~2ヶ月前とするのが懸命です。
これは物件情報の動きの上からもベストなタイミングです。不動産会社に部屋が空くという連絡が来るのは、通常退去の1ヶ月前です。つまり1ヶ月後に空く部屋は把握できますが、2ヶ月先、3ヶ月先に空く部屋は分かりません。
何時でもいいのでいい物件があったらという場合を除けば、あまり早く探し始めてもあまり効率的ではないといえるのです。

POINT.2 条件設定と情報収集

部屋探しの第一歩は、自分の希望条件を明確にし、それに合わせた情報収集をすることです。そのためにはするべきことをまとめてみましょう。


予算の検討

まずどのくらいの予算が家賃に充てられるかを考えます。
一般的には家賃の他に、管理費、その他費用を含め、毎月いくらまで払えるかをご自分の収入の約30%を目安に考えます。毎月支払うものですから無理は禁物です。また、お車をお持ちであれば、この中に駐車場代を含めて予算を出しましょう。
入居の際には、家賃だけでなく引越し費用や入居費用(敷金・礼金・仲介手数料等合わせて約4ヶ月分)、電化製品や家具なども考慮しておきましょう。

お部屋の条件は?

金銭的な事を念頭におきつつ、地域、間取り、設備、引越し時期など、自分が優先させたい項目をリストにしてみましょう。
ここで注意して欲しいのが、多くを求めすぎてしまいがちというところです。あまり希望が多すぎるとそう簡単にはお部屋を決めることができなくなってしまいます。
大切なことは、予算を含め各種条件に優先順位をつけておくことです。譲れるものとそうでないもをハッキリさせておくことで、物件選びで悩んだとき結論を出しやすくなります。

情報収集

情報を収集する方法はいくつかありますが、いろんな手法で探せばそれだけ自分に合ったお部屋を見つけ出せる可能性が高くなります。
各不動産会社が開設している様々なホームページの物件情報、チラシ、直接不動産会社を訪ねるなど様々です。ご自分が設定した条件が現実的なものかどうかを判断するためにも、様々な方法で情報を集めてみましょう。
希望に合う情報を見つけたら不動産会社に問い合わせてみましょう。直接店舗に向かうのは時間や労力がかかり、ちょっと面倒ということで敬遠しがちですが、見つけた物件以外にも、営業の方しか知らないお得な情報や、フレッシュな情報などを知ることが出来るという大きなメリットもあります。

POINT.3 不動産会社訪問

部屋探しを成功させるためには、上手に不動産会社とやりとりし、希望に合った物件を探してもらうことが大切です。そのために知っておきたいポイントを見ていきましょう。


不動産会社の種類

不動産会社には2つのタイプがあります。大手の不動産会社の支店と特定の地域の物件を扱う地元の不動産会社です。双方ともにメリット・デメリットはありますが、地元の不動産会社には新築物件、その他の地域にでない物件、最新情報などがありますので、お引越し先のエリアを絞り込めている場合は地元の不動産会社を訪問されることをお勧めします。

不動産会社を訪問する

訪問の際には、まず事前に予約をしてからでかけるようにしましょう。
時間や時期によっては大変混雑しているときもあります。店に行ったけどお客さんがたくさんいて待たされるということが起こらないように、電話等で確認を取って下さい。
資料を見せてもらい、気に入った物件があったら実際に現地を見に行くことになりますので、時間の余裕を持っておくことが大事です。最低でも2~3時間以上は見ておきましょう。
不動産会社を訪問してまずしなければならないことは、自分の決めた条件をハッキリと伝えることです。信頼できる不動産会社であれば必ず親身になって相談にのってくれます。
ただし、自分の希望を通すことばかりを考えて、無理なわがままを言うことは避けましょう。自分があらかじめ決めておいた条件と合わせながら、現実に近づけていくことが大切です。

POINT.4 物件の下見

希望に合った物件があったら、現地で室内や周辺などを下見します。
ここでのチェックが入居後の満足度を大きく左右しますので、慎重な態度で臨みたいものです。


ついついお部屋に入ると、全体を大雑把に見てしまいがちですが冷静にチェックする部分を見極め、ときには遠慮せず営業の方に質問してみてください。後になって疑問が残ったり後悔しないようにしましょう。

間取り図の見方

下見の前に、まずは間取り図で確認できるところは確認しておきましょう。見方がわからないことはなんでも営業の方に聞くようにして下さい。

□ 部屋の方角
□ バス・トイレ(同室・別室)洗面台・脱衣所の有無
□ キッチンのコンロ(ガス・電気)などの設備
□ 窓の大きさ・高さと数
□ ベランダ・バルコニーの有無
□ 収納の種類(押入れ・クローゼット)と数
□ 洋室の床の素材(クッションフロア・フローリング)
□ 冷蔵庫や洗濯機の設置スペース

室内のチェックポイント

室内では、まずその部屋が間取り図などからイメージしていた通りかどうかを確認します。続いて家具などの配置をイメージ、自分にあった暮らしができるかを想像してみます。
室内の建具を開けたてし、開閉しにくいところなどがないかをチェックすると同時に、窓を開け、気になる騒音や臭いがないかも確認しましょう。バルコニーでは日当たりや眺望をさえぎるものがないか、外から室内を覗かれる心配がないかなども確認しておきたい点です。

□ 汚れの有無(リフォーム前ならどの程度きれいになるのかを確認)
□ 備え付けの設備・家具などの確認
□ 押入れなどは開けて確認
□ 広さ・天井の高さ
□ キッチン・バス・トイレなどの使い勝手
□ 手持ちの家具・家電の設置可否、スペースの確認
□ コンセント・アンテナ・電話端子・LAN(インターネット)の設備、位置と数の確認
□ エアコン・給湯の設備状況
□ 携帯の電波

建物(共有部分)のチェックポイント

部屋の内部だけでなく、共用部分も大切なポイントです。建物に入ったエントランス部分などはまさに顔です。建物はまだ新しいのにポスト周辺がゴミだらけなんていう管理が行き届いていない物件はトラブルも付きものです。必要以上に神経質になる必要はありませんが、できる範囲で周囲にも目を配りたいものです。

□ 廊下、エントランスなど共用部分の状況
□ 管理・清掃状況
□ セキュリティー設備の有無
□ 駐車場・駐輪場の有無
□ ごみ置き場の有無と清掃状況
□ 敷地内危険箇所の有無
□ 建物周辺の道路状況(道幅、交通量など)

周辺環境のチェック

時間に余裕のある人は、一度自分の足で物件の周辺を実際に生活をしているつもりで歩いてみてください。下見のときは大抵車での移動ですが、普段は徒歩で用を足すことも少なくありません。
車の交通量が多い、意外に坂道が多い場所だったなど、気づかなかった面が見えてくるかもしれません。また、昼だけでなく夜にも現地を訪問してみると、夜道の様子や夜間開いている店などが分かり、住んでからも安心できます。

POINT.5 契約時のポイント

物件が決まったら、申し込み、審査を経て契約という流れになります。
申し込みから契約までは1~2週間程度です。早めに準備を整えておきましょう。


下見をし物件が気に入れば、申し込み、審査を経て契約という流れになります。申し込みから契約までは1~2週間程度です。早めに準備を整えておきましょう。

入居の申込み

物件が決まったら、案内してもらった不動産会社で入居の申し込みをします。指定の申し込み用紙に住所・氏名・勤務先・年収などを記入します。また保証人の住所・氏名・続柄をはじめ勤務先・年収などの項目にも記入が必要ですので、お部屋探しを始める段階で確認しておくといいでしょう。
申込みの際、預かり金・申込み金などの名目で契約までの間、部屋を確保しておくために不動産会社にお金を預ける場合があります。これはあくまで入居に対する強い意志を表す(確認する)もので、申込みの時にかならず必要となるものではありません。
もちろん契約時には契約金に充当されるお金ですが、「預り証」などを受け取っておく方が賢明です。くれぐれも「借りるかどうか分からないけど、ちょっといい部屋だから押さえておこうかな・・・」なんて軽い気持ちで申込まないようにしましょう。

契約手続きに必要なもの

申込みから、早ければ2~3日後には審査の結果が出ます。年収に対して極端に家賃が高いなどがなければ、審査で通らないことはあまりありません。
契約は審査終了後、長くても1週間以内には行われます。契約当日は時間に余裕を持たせておきましょう。大事な契約ですので、時間がなくて契約書の内容を理解せずハンコを押してしまい、後になって「聞いてない、見てない」、などといったことにならないよう無理のないスケジュールを組むようにして下さい。

契約手続きに必要なもの
□ 免許証 (本人・場合により保証人)
□ 印鑑証明書 (場合により保証人)
□ 印鑑 (本人・保証人)
□ 契約金(敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・損害保険料・その他)
※ 必要書類、契約金は物件により異なりますので、事前に営業の方に確認して下さい。

分からないことは確認を

契約書に署名する前に不動産会社では、必ず「重要事項説明」を行う義務があります。宅地建物取引主任者が「重要事項説明書」を入居者に示しながら、内容を理解してもらいトラブルを防ぐ意味合いがあります。
再確認しておきたいのは、家賃や管理費、礼金、敷金、更新料等のお金に関わる項目。そして、特に注意しておきたいのは禁止事項や解約(退去)時の事項です。大事な契約ですので、分からないこと不安なことは遠慮せず営業の方に質問して下さい。

□ 家賃・支払方法
家賃に間違いはないだろうか?支払方法は振り込むのか、引き落とされるのか、それとも大家さんに直接支払うのか。

□ 更新料
当社ではほとんどの場合、更新料はかかりません。一般的には家賃の1ヶ月分としているところが多いようですが、例外もあるのでしっかりと確認しておきましょう。

□ 禁止事項
リフォームのような構造の変更、契約時の目的と異なった使用、ペットの飼育などの禁止項目がいろいろ記載されています 。これらに違反すると最悪退去を要求されることもありますのでチェックは慎重にしておきましょう。

□ 契約解除
家賃滞納、または何らかの問題により大家さん側で契約解除を宣告できる事例が書いてあります。家賃滞納は○ヶ月以上など必ずチェックしておきましょう。

□ 解約
解約をする際には1ヶ月前に申し出ること、というように書かれています。申し出る期間は1ヶ月前、2ヶ月前などまちまちなので注意しましょう。機会を逃すと、引越しの予定が合わなくなったり、思わぬ出費がかさむ事もあるので確認を忘れずに。

□ 敷金の返還
退去時に部屋の著しい破損・汚損などがあった場合、修理費が発生し敷金から差し引かれるというものと、賃料の一部を部屋の補修に充てるというところもありますので、ここも忘れずにチェックしておきましょう。

□ 特約事項
その他、大家さんの方でこれは困るというような項目などが書かれていたりします。自分がその点で引っかかることはないのかどうか確認しておきましょう。疑問点がある場合は放っておかずに質問してみましょう。

POINT.6 お引越しのポイント

契約が済み、新居が決まればお引越しです。引越しは荷物を運ぶだけではありません。
荷物の運搬方法から住所変更など様々な手続きが必要になります。
引越しも事前に準備しておくことでスムーズかつ有効的に進めることが出来ますので是非参考にしていただければと思います。


契約を無事に済ませたら今度は引越しの手配・・・。いろいろな手続きもあるし急に忙しくなり、頭が一杯になってしまうところです。

引越しの方法

引越しといってもいろいろな方法があります。主な方法をいくつかあげると・・・

□ 自分・家族、もしくは友人ですべて行う。
□ 荷造りは自分で。運搬は業者にお願いする。
□ すべて業者にお願いする。

どの方法を選ぶかでコストも方法も異なってきます。

一人暮らしなどで荷物も多くなかったり、近場の引越しであれば自分達だけの引越しも充分可能ですし、格安に済ませることができます。しかし「本当に自分だけで出来るのか?」という点を良く考えて慎重に検討しましょう。自力でやるには、かなりの努力・労力が必要となってきます。
また、引越し会社の「単身パック」や赤帽など利用する手もあります。しかし単身者でも高さのある家財道具など赤帽の小さなトラックでは無理な場合が多いようです。家族での引越しや、荷物が多い、引越し先が遠方など大掛かりな引越しになる場合には、少なくとも搬出から移送、搬入まではプロの手を借りた方が無難です。高価な家具や品物の補償制度もありますので安心して任すことができます。

引越しのタイムテーブル

引越しも事前に準備しておくことでスムーズかつ有効的に進めることが出来ます。ここでは引越し前後で必要な手続きについてまとめてみましたので是非参考にして下さい。



入居後すぐに室内のチェックを

入居後すぐに室内をチェックして、設備が壊れている、ドアの開閉がおかしい、壁紙が剥がれているなど、小さなことでも不動産会社に連絡をして下さい。入居時にチェック表を渡される場合もありますが、チェック表の項目以外でも気付いた点があれば、全てチェック表に記入し不動産会社へ渡しておきましょう。これは室内の不備が入居者の責任でないことを明らかにしておくためで、退去時に「それは最初から壊れていた」と言っても、それを証明することができなくなります。




資料請求はこちら

モデルハウス紹介

イベント情報