トップページ 無料ご相談・資料請求 来館予約・見学申込 ページのトップへ戻る

売買物件情報

住宅・土地を売りたい方へ 〜不動産購入の流れ〜

STEP.1 お部屋探しのタイミング

自己資金などを把握し、資金計画をきっちり立てます。


不動産を購入する際、最も慎重にならないといけないのが資金計画です。
月々の返済額をいくらに設定するか、いくら借り入れが出来るか、何年返済にすればよいかなどを銀行もしくは不動産業者などと十分に検討し、将来を見据えながらゆとりを持った無理のない返済計画を立てましょう。また、自己資金には物件の価格以外に諸費用も含めて考えてください。諸費用の合計は、売買価格の約6-8%前後が目安と考えられるでしょう。
諸費用となるものを挙げてみると、
印紙税 / 仲介手数料 / 固定資産税 / 都市計画税 / 不動産取得税 / 登録免許税
ローン事務手数料 引越し費用などがあります。
諸費用は売買契約から引渡しまでの間に順次必要となります。

STEP.2 物件選定

不動産業者に依頼しましょう。またチラシやインターネットから情報を集めることもできます。


新聞折り込みチラシの不動産情報をチェックする、専門誌やインターネット検索から探す、地域の不動産会社に出向いて探す等いくつかの方法があります。
個人だけでは優良なものが見つけにくいので、親身になってくれる業者を探すこと、そして何よりも自分達の財産となるわけですから、不動産に関する意識を高めていくことがとても重要なことです。フラワーホームでは、地域物件の情報量が豊富な不動産部が新築のための土地探しから、ローン等の資金計画のご相談にも対応させて頂きます。不動産部門と建築部門が連携し、土地探しからアフターサービスまで真心をこめてお客様の家づくりをトータルサポートさせて頂きます。
フラワーホームのホームページでは、24時間物件の検索が可能となっていますので是非ご活用下さい。
また、新聞の折込チラシ、投函チラシ、住宅情報誌などの媒体も多くの情報を把握する上で重要です。ホームページとあわせて情報収集に活用されることをおすすめします。

STEP.3 現地見学・相談

実際に検討している物件・オープンハウスなどを見学し、より詳細な情報を集めます。


集めた情報の中で気に入った物件があれば、積極的に出かけて見学しましょう。写真や間取り図だけではつかめない、周辺環境や、物件の雰囲気を直接体感することは重要です。新築をお考えの方は、外観および実際の居室を見学することのできる「オープンハウス」にもお出かけください。実際にお部屋の中に入って自由に見学できるのが特徴です。

現地見学での主なチェックポイント

敷地・建物
□ 建物の外装・内装(ひび・すきま等)
□ 居室の導線(生活し易いか)
□ 日照の具合
□ 収納の有無
□ 駐車場・駐輪場の有無
□ 冷暖房設備の有無
□ 眺望の状況
□ 消雪設備の有無、方式
□ その他

周辺環境
□ 道路の状況(交通量等)
□ 学校施設
□ 医療施設
□ スーパー、コンビニ等の商業施設等
□ 公園施設
□ 交通機関(駅、バス停)
□ 音・臭い等の環境
□ その他

STEP.4 購入計画

物件が決まったら、購入申込みを行います。その後、売買契約に進んでまいります。


購入を決定したら購入の申込をします。
購入申込後、代金の支払や引渡時期などの確認を行い、準備が整い次第重要事項の説明、そして不動産売買契約と進んでいきます。

重要事項説明

重要事項説明は、物件についての重要な事項を説明することです。
仲介を行った宅建業者が宅地建物取引主任者を介して「重要事項説明書」により説明を行います。
重要事項説明書には、登記簿に記載の権利関係、物件概要、代金授受の方法、契約解除の場合の規約等が記載されています。
分からないことがあれば、必ず質問の上確認をしてください。

不動産売買契約

不動産売買契約書を用いて契約を行います。取引内容や当事者の権利・義務などを明らかにし、安全で確実な売買の成立を目的とします。
不動産売買契約を締結しますと、以後は契約書の記載内容に基づいて権利や義務を履行することになります。

契約時に必要なもの

□ 印鑑
手付金
仲介手数料の半額 (別途消費税がかかります)
□ 印紙代

STEP.5 ローン契約

購入するために必要な住宅ローンの選択、借り入れ手続きを行います。


購入するために必要な住宅ローンの選択、借り入れの手続きを行います。
ローンには大きく分けて公的融資・民間ローンの2つがあります。

公的融資

公的融資とはその名のとおり、公的な金融機関が公的な資金を使って貸し出す住宅ローンです。代表的なのは住宅金融支援機構の「フラット35」があります。
各自治体が扱っている自治体融資も公的融資の一種とされますが、自治体が自らのお金を使って融資するタイプだけでなく、特定の民間ローンを斡旋して利息支払いの一部を補助するタイプも少なくありません。

契民間ローン

民間の金融機関が扱う民間ローンは、金融機関ごとに内容が異なります。
都市銀行や地方銀行、信託銀行などのローンが代表的ですが、他にも信用金庫や労働金庫、生命保険会社、農協、ノンバンクなど多くの金融機関が住宅ローンを手がけています。

その他融資

お勤め先で住宅取得を目的とした融資制度を設けている場合があります。 融資条件等は企業により異なります。詳しくは、お勤め先の担当者にご確認ください。

住宅ローンを申し込む際に必要なも

□ 収入証明書
□ 実印
□ 印鑑証明書
□ 重要事項説明書
□ 不動産売買契約書

※ これら以外にも必要となる場合がありますので、営業担当におたずね下さい。

STEP.6 物件引渡し

土地・建物の引渡しを受け、残代金、仲介手数料等の諸費用を支払い完了となります。


最後に物件を確認します。
入居した後のトラブルを防止するために、売主・買主双方で物件の状況確認を行います。
備品・設備等の状況、隣地境界線の確認などがあります。

残代金を支払う・鍵を受け取る

以下残代金の支払い、登記申請と同時に鍵の引渡しとなります。
・仲介手数料の残額
・諸費用(登記費用・固定資産税の精算金など)
・所有権移転登記申請をする
・抵当権設定登記申請をする
・鍵の引渡しを受ける

残代金支払い時に用意するもの

□ 残代金
□ 仲介手数料の残額
□ 登記費用
□ 固定資産税・都市計画税等の精算金
□ 住民票
□ 実印
※ これら以外にも必要となる場合がありますので、営業担当におたずね下さい。

入居・引越し

引越しに際しては、住民票の移動、各機関への住所変更の届出などを行う必要があります。
また、荷物の梱包作業やごみの処分等も必要です。

準備に当たっては、下記に挙げた項目に関連する機関への届出が必要です。

代表的なもの

・引越業者
・市町村役場
・電気
・ガス
・水道
・電話
・各金融機関
・学校
・自動車・バイク
・各種資格・免許
・ペット
・その他




資料請求はこちら

モデルハウス紹介

イベント情報